「A部ツアー2019」sponsored by ひかりTVショッピング に参加した

ZenFan -> A部に変わってから初めて参加したイベントです
久しぶりにイベントレポートを書くので不備がありそうですが、気にせず見てください

後ほど画像を埋め込みますが、その前に画像を見たい方はこちらからどうぞ

会場に着いたら早速イベント中は自由に触っていいZenfone 6(Model: I01WD)が渡されました。

まずは新製品の紹介とのことでZenBook Pro Duo -> ZenBook 14/15 -> Zenfone 6の順で紹介を受けました

ZenBook Pro Duoとは

デュアル4Kディスプレイを搭載した15.6インチノートPC
サブディスプレイはASUSノートで今まで搭載されたScreenPadの進化系であるScreenPad+
解像度はメインディスプレイが3840x2160でサブディスプレイが3840x1100
ScreenPad+をメインディスプレイと独立したサブディスプレイとして使用したり(App Switcher)、一枚のディスプレイとして使用することが可能(View Max)
また、AndroidやiOSのような起動中のアプリ一覧を表示することも可能(App Navigator)
アプリをグループ化してワンタッチで全てを起動することも可能(Task Group)
ScreenPad+を最大3ブロックに分けて使用することも可能(Organizer)
メインディスプレイとScreenPad+に表示されている内容を瞬時に入れ替える機能も(Task Swap)
ScreenPad+に対して手書き入力で文字を入力することが可能(Handwriting)
さまざまなソフトウェアで対応させることが可能
CPUはCore i9でGPUはRTX2060を搭載している
スピーカーはharman/kardon
HDMIポート、Thunderbolt3ポート、USB3.1 Gen2、 Audio Jack、Wi-Fi6を搭載

ZenBook 14/15とは

世界最小クラスのノートPC
従来よりも13%コンパクトではあるが、MIL規格に準拠している
画面占有率は14インチで90%、15インチでは91%である
トラックパッド部にScreenPad2.0を搭載
動画を見ながら作業をするなどのことが可能
OfficeのツールチップやSNSを手元で操作することができる
14インチ版はCPUがCore i7/i5で、GPUがMX250
15インチ版はCPUがCore i7で、GPUがGTX1650
一部モデルにはOfficeが標準搭載されている

Zenfone 6とは

オールスクリーンナノエッジディスプレイを搭載し、画面占有率が92%
輝度は600nitsで色域はDCI-P3に対応している
フリップカメラを搭載しているので、セルフィーの時にはカメラが裏から立ち上がってくるようになっている
カメラはメインカメラが4800万画素のF1.79でセンサーはSony IMX 586を搭載している
セカンドカメラは1300万画素の125度撮影可能な超広角レンズを搭載している
フリップカメラ部には落下時に自動格納するための重力・ジャイロ・落下センサーを搭載しているため、競合機種よりも内部的に配線などが詰まっているが、ギアなどの調整によって競合機種と比較して2倍のトルクがあるという
モーターは速度を制御することによって滑らかに見える動きを実現している
メインカメラをインカメラに使うことによって、HDR++などの機能をセルフィーで使用することが可能(AIカメラのみ使用できないらしい)
セルフィー性能では現時点で日本で入手できる端末の中で一番の性能があるという
超広角カメラを使用することでグループセルフィーが気軽に行うことができる
超広角カメラへの変更はボタンを1つタップするだけなので手軽にできる
セルフィー時でもProモードが使用できるのでこだわりのある人でも綺麗な写真が撮れると思われる
自撮り動画では4K+EIS(Electric lmage Stabilization:電子手ぶれ補正)が使用できる
フリップカメラならではのメリットとしては、任意の角度で撮影できるため、正面を見ながら上を見た写真を撮影したりすることができる
パノラマモードでは従来機種と違い、フリップカメラが自動で動き周囲を撮影するため、自分が動かずに撮影をすることができる
HDRを発展させたHDR++に対応している
フリップカメラ部にはリキッドメタル素材を使用しているため、強度にも保たれている
10万回の開閉テストを行なっているため5年間毎日28回開閉しても大丈夫だという
フロントパネルにはGorilla Glass6を採用
バッテリーは5000mAh搭載していてSnapdragon 855を搭載している機種では現状一番入ってる。また、他機種へのOTGケーブルを通じたリバースチャージにも対応
システムはAndroid PのZenUI6を搭載し、フレームワークの最適化を行うことで他機種より高速に動作するとしている
色はミッドナイトブラックとトワイライトシルバーの2色
スマートキーによってGoogleアシスタントをボタンを押すだけで呼び出すことができる
ラジスマというインターネット経由と直接受信という方法でFMラジオを受信することができる
ZenFone6の販売に合わせてZenSIMで月額700引きかつ1GB増量というキャンペーンを行なっている

割引

今回のイベントでひかりTVショッピングの方からキャンペーンのお知らせがあったの置いておきます

ZenBook

商品リンク
クーポンコード

1
ABSOUOSK

ZenFone6

割引のまとめ
割引をまとめると4万円前後で買えることになります

拡散用ぷららポイントクーポンのコードは

1
AZSEUNS

商品リンクです
みなさん買いましょうね

所感

ZenFone6はいい端末だと思ったのですが、フリップカメラのギアの音がどうしても気になってしまい、自分で買うのはいいかなぁ….って感じでした。
ZenBookシリーズはスペックが高く、持ち歩いて開発するときとかには使えそうな予感はしました。しかし、英字キーボードじゃないとダメな自分には使いこなせそうにないなぁと思いました。

まあ普通のユーザーにはどちらもコストパフォーマンスではおすすめなので気になった方は手に取ってみることをおすすめします